江戸千家 >  不白会だより

Page 3 of 19: « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 »

2017年6月13日

初めて家元教場研究会に参加して

家元教場研究会 - 自宅の茶 

青木宗幸(東京不白会)

 一昨年にお看板をいただいたばかりですが、今年の研究会に初めて参加させていただく機会に恵まれました。
 全国いろいろな所からおいでになった皆様の熱心なご様子に私も家元のお話をメモにとり、また目に焼きつけるようによく拝見させていただきました。脇床に置かれたつぼやお盆などを、私たち参加者に直に手に取らせて下さいましたことは、とても貴重な体験でございました。
 特にお軸のお話は毎回とても印象深いもので、書かれた方のお名前やその背景などを知ることができ、とても良い勉強となっております。
 先日の第二回目の折には、蓮華庵にお客として入れていただき、テーブルでの一献と和韻点てを堪能しました。郡司さんのお席は心尽くしの酒肴の品々とワインで、大分や静岡からいらした方々の地元のお話、おいしいお茶を点てる秘訣など、話題も時間も豊かに過ごすことができました。雨に映える緑の静かなお庭を眺めながらのお席で、忘れられないことでございます。
 自宅の茶事、今年のテーマ、日頃あまり考えておりませんでしたけれども、茶の湯を学ぶ者にとってとても大事なことであると改めて思い至りました。いつか実践できたらと思います。

カテゴリー:研究会/家元招請研究会 「初めて家元教場研究会に参加して」のリンク

2017年5月30日

六年越しの岩手と長野の交流

家元教場研究会 - 自宅の茶 

高橋宗敏(岩手不白会)

 この度のお客様は長野支部の方々で、第十八回全国連合不白会高知大会での観光のバスの中で席が前後で話が弾み、岩手に行ってみたい、長野にもと、六年越しで実現致しました。
 寄付には家元の色紙
  「たっぷりの濃茶飲み干し半夏生 手捥の枇杷の甘さほのかに」
を掛けてお迎え致しました。
 お席には「流水寒山路」のお軸、後座には庭からカザグルマと鳥足ショウマを青磁の鶴首に生け、点心はできるだけ岩手の食材を使いました。
 向付は鯛、小鉢を氷頭なます、ホヤに山菜のミズ、椀物を玉子豆腐に焼雲丹、預鉢には生ハムをアスパラに巻き、お酒は釜石の浜千鳥、山菜は北上産で整えました。初座ではすぐにお相伴をさせていただき、半東さんに動いていただきました。
 家元の短冊と食材で話が弾んで楽しい初座になりました。
 後座の濃茶席はお軸との繋がりを考え、水指を萩焼の「編笠」を取り合わせ静寂の中でゆったりと過ぎ、続きお薄で楽しい会話の時を過ごさせて頂きました。お客様方にただただ感謝申し上げます。

自宅の茶で拡がる輪

李 宗福(長野不白会)

昨日は自宅の茶に岩手の高橋宗敏先生のお宅に長野より四名お招きいただきました。
 寄付広間には家元の大色紙、

たっぷりと濃茶飲み干し半夏生
手捥ぎの枇杷の甘さほのかに

 ご主人様が庭のビワをとって来て下さった事を記して色紙を送られてきたと大変喜んでおられました。
 小間では大徳寺の”流水寒山路”のお床にお花、風車が見事に青磁の花入に活けられておりました。香合は古木に波の蒔絵。濃茶も「百碗展」で求めた物で、豪快にたっぷりと点てていただき、点心の後だけに格別美味しくいただきました。ご亭主様も御相伴されました。終いは広間で果物、ほうじ茶、半東も交え雑談に話が弾み、お水屋の永井さんも加わり、証拠写真を。どんな写真ができますか?
 楽しい自宅の茶は、どんどん輪が広がって行く事でしょう。

カテゴリー:研究会/家元招請研究会 「六年越しの岩手と長野の交流」のリンク

2017年5月28日

仙台藩のお姫さまの遺愛品を用いて

家元招請研究会 

蟻川宗順(群馬不白会)

 遠隔の中之条町に家元、会長をはじめ五人のお客様をお迎えしました。
 皆さん到着し、寄付から家元の声が聞こえてきます。夢ではなく、私の家においてです。気を静め席入りし、いつもと変わらぬ家元の姿を拝見し、ほっとしました。家元が自然の風を希望されたので、クーラーを止め五月の爽やかな風の中、茶事を進めました。
 季節がら山菜中心の粗飯を召し上がって頂きました。後の反省会で指摘がありましたが、料理の品数は少なく、ゆっくり味わえる事が大切とのこと。本当にそうでした。限られた時間に用意した品をお出ししなくてはと、気持ちが急いてしまい、亭主の都合を優先し、召し上がるお客様の配慮を忘れていました。大切な課題となりました。
 中立ち、後座の準備。床に菖蒲の花、仙台萩、風露草を飾りました。後座、つづき薄茶でお茶を召し上がって頂きました。
 当日の道具ですが、主人の父親の伯父に仙台藩のお姫様、桃子さんがお嫁入りして来ました。若くして亡くなり、形見となったお嫁入り道具の茶道具を使いました。長く使われる事もなく平成の年、この日にお家元、皆さまに御覧頂けたこと、さぞ喜んでいることと思います。桃子さんを忍び、仙台萩を席に添えさせて頂きました。

カテゴリー:研究会/家元招請研究会 「仙台藩のお姫さまの遺愛品を用いて」のリンク

2017年5月26日

十和田中学校二年生たちの大福茶

阿部行成(岩手不白会)

 盛岡桜山神社の例大祭では、毎年岩手不白会男子の亭主にて大福茶のお振る舞いを致しております。今年は鹿角市立十和田中学校の生徒五名様が大福茶席にお越し下さいました。
 「三十センチもある大茶碗で抹茶を皆でいただくのは大変貴重な体験ができた」と喜んでいただき、体験した生徒さんから岩手不白会にお礼状が届きましたので、ご紹介致します。
 「大きいお茶碗に皆で順番にお茶を飲み、和菓子を食べ、お茶の苦味に美味しく合わさってより美味しいなと関心しました。昔の文化にふれて楽しみながらも学べることができました。お茶の違う味も知ることができて楽しかったです。ありがとうございました」
 佐藤公英先生からは「鹿角市は以前、南部藩の領地であり百五十年の時を経て自分たちの殿様を祀る神社でこのような体験ができたことに不思議な縁を感じます」といただきました。
 こちらこそ中学生の皆様と楽しい時間を共有できましたことを、厚く御礼申し上げます。

カテゴリー:行事・茶会 「十和田中学校二年生たちの大福茶」のリンク

2017年5月16日

自宅の茶に家族として参加して

家元招請研究会 

山口三男(歯科医(佐賀県))

 先日、家元が自宅にお越しになるという事で、私も参加することにしました。当日、お客様に少し緊張気味な挨拶をした後、席に着きました。作法を全く知らない私に、妻は懐紙を渡して「皆様のされるように」との一言のみ。額にうっすら汗が浮かんだのを覚えています。会食中、皆様が私のたわいのない話にもにこやかに対応して戴き、少しずつ気持ちが楽になってまいりました。その後濃茶をいただく事となり、静寂の中、釜の湯の「シュー」という響きのみが部屋に広がり、非日常の心地よい緊張感に包まれている感じがし、とても新鮮な体験をさせていただきました。
 日頃、妻が出入りの業者やスタッフに抹茶を出していて、それを皆が楽しみにしているようです。毎日の生活の中に、この伝統文化は生き続けて欲しいと願うばかりです。

カテゴリー:研究会/家元招請研究会 「自宅の茶に家族として参加して」のリンク

2017年5月15日

風薫る五月に家元を迎えて

家元招請研究会 

飯田宗美(須坂不白会)

 風薫る五月でございます。
 昨日は我が家にお出でくださいましてありがとうございました。
 初めての自宅の茶は自分の事で精一杯で、お客様を思いやる余裕がなく、中途半端な挨拶から始まり、玄関の打ち水や花への霧吹きなど、基本的な事を忘れ、不手際が思い出され赤面しております。
 そんな中でもお客様のあたたかな見守りを感じながらお陰様でとても楽しく幸せな一日を過ごすことができました。
 いつか余裕をもって亭主を務められるよう経験を重ねて参りたいと思います。
 色紙「国破在山河 城春草木深」を賜りまして誠にありがとうございました。まずはその色紙のお披露目の茶席を実現したいと考えております。

カテゴリー:研究会/家元招請研究会 「風薫る五月に家元を迎えて」のリンク

2017年5月13日

自宅の茶 ―家元をお迎えして―

家元招請研究会 

市川宗恵(長野不白会)

 去る五月十三日、家元はじめ三名のお客様を拙宅にお迎えして「自宅の茶」の実践となりました。
 緊張と不慣れな私は会話などいろいろな点でつまずきながらでしたが、家元の優しいお言葉やお心配りに感謝と感動の気持ちで一杯になりました。
 午後の全体会では家元より直筆の大色紙を頂戴いたしました。
 後はその句についての解説書が届き、内容を読んでいるうちはるか昔の伯祖父の姿が脳裏に浮かんできました。
 晩年俳句の大家と言われた伯祖父はいつもボロのような服を着ていました。お家元のご配慮で「お取り替えを」とのことでしたが、とても心魅かれるものがありこのまま大切にいただき置きたくお願い致しました。
 今回の研究会を終え、家元の広いお心に感謝しつつこれからも益々精進しなければと大色紙を前に自分に言い聞かせております。

家元招請研究会に参加して

依田宗康(長野不白会)

 長野不白会では、自宅の茶を取り入れ実践しております。私は自然豊かな西軽井沢の市川宗恵様のお宅に、家元、李先生と共にお伺い致しました。今回は生憎の天気で観ることができませんでしたが、浅間山が円窓に映えるお茶室で、おいしいお茶をいただき、点心では家元のご配慮で、大きな丸テーブルでご亭主、半東さんも一緒に頂きました。ご亭主の心のこもったおもてなしに感謝申し上げます。
 それから全体会では、他のお茶席の様子も伺うことができました。立派な松のある素敵なお庭と本会席も楽しめたお席や、愛らしいお孫さんがお茶を点てる姿に会話も弾み、和やかなお席の様子が伝えられました。家元は自宅の茶では、ご家族、特にご主人様のお茶席への参加を奨励されておりました。会の最後では、家元の篠笛に合わせ彼方、此方から歌声が聞こえ、心地良い雰囲気に包まれました。このように楽しく温かみのある江戸千家に出会えたこと、改めて感謝しています。お茶と共に日本文化を微力ですが、少しでも広めていくことができれば幸いでございます。長年お休みをいただき、二十三年ぶりの招請研究会で、お久しぶりに家元にお会いでき、懐かしく嬉しく、色々な思いが込み上げてまいりました。

カテゴリー:研究会/家元招請研究会 「自宅の茶 ―家元をお迎えして―」のリンク

2017年5月12日

喫茶往来で元気で楽しく

家元教場研究会 - 自宅の茶 

中尾宗禮(新潟不白会)

 新緑の美しい季節となりました。
 この度は大色紙を頂戴いたしまして、誠に有り難うございました。とても良い記念となりました。
 五月十二日「自宅の茶」ということで、遠方より有川宗良、金井宗美、松田清雪様にご来新いただきまして、大過なく終えることができました。
 早速にお礼状を頂戴しました。楽しく幸せな一時を共有出来ました上に、皆様からたくさんの元気をいただきました。年を重ねます毎に世間が狭くなってまいるのが普通のようですが、―喫茶往来―これからも元気に茶道を学びながら楽しんで参りたいと存じます。

カテゴリー:研究会/家元招請研究会 「喫茶往来で元気で楽しく」のリンク

2017年5月9日

自宅の茶―庭の芽吹きをご馳走に

家元教場研究会 - 自宅の茶 

白井宗節(福島不白会)

 我が家は山の中の長閑な所なので、芽吹きを眺めながら一服差し上げたい旨案内状を送付しました。高知の石元様、東京の中村様、阿部様から参加のご返事をいただきました。
 当日、半東役の太田さんに車で迎えに行ってもらい、出迎え挨拶の後、十一時三十分から、八寸程度で一献。私も持ち出し一緒に話をしながら戴きました。
 中立の後、待合でお菓子を差し上げ、鳴物で茶席へ入席いただいて濃茶付薄茶にしました。
 亭主として一番良かった事は、招いた目的の芽吹きを眺めることが出来たことです。庭の一番美しい時に来ていただくことができました。主人が手入れしている庭でつつじが色とりどりに咲き誇り、この日牡丹が満開になりました。
 遠方からお出でいただき恐縮でしたが、実施できた満足感を味わいました。

カテゴリー:研究会/家元招請研究会 「自宅の茶―庭の芽吹きをご馳走に」のリンク

2017年5月7日

ロサンゼルスからの報告

西村宗櫛(羅府不白会)

 日米文化会館主催により毎日曜日、表千家、裏千家そして五月七日は江戸千家でお茶会をしました。草月流により竹やぶの庭など庭園が作られ、そこに野点を作り芝点でした。外では子供の日の催しも行われました。江戸千家のお点前にお琴の演奏を添え、その後津軽三味線の演奏という日本の伝統文化の紹介です。英語のナレーションも付き、多くの外国人が着物袴姿のお点前に感動して、是非お茶のお稽古に来たいと言われております。柏餅と星野園の星峰でお茶を出しました所、美味しいととても喜んでもらえました。夜は日本より狂言の野村万作、萬斎さんが来てくださり満席で盛り上げて下さいました。
 又ホンダモータースから依頼されアメリカ中の代表者に日本の文化、茶の湯にて毎年おもてなしをしております。今、アメリカでは、和食と共に日本の伝統文化が盛んです。特に抹茶ブームは凄いです。日本からの応援宜しくお願い致します。

カテゴリー:行事・茶会 「ロサンゼルスからの報告」のリンク

2017年5月4日

豪農の館「椿寿荘」で気楽な茶会

窪田宗恵(新潟不白会)

 「椿寿荘」は、大正時代、新潟県に千町歩を越える大地主が五家あり、その内の一つである田巻邸の離れ座敷として約三年半をかけ、各地の銘木を集め、寺院様式で釘一本も使わず作られています。今は新潟市の隣にある小さな町、田上町の観光名所「豪農の館」として公開されています。
 私達がここで、年に二回、新緑の五月と紅葉の十一月に、気楽なお茶会をさせていただいて九年目になりました。お茶を初めて飲むという観光客の方、雰囲気がいいからと毎回お越し下さる方、着物を着る会の方等、今年の五月は、百五十人ほどの方からお越しいただきました。
 今年は新緑を眺めながら、野点風に設えてみました。どのお部屋でどんな設えをしようかと社中で楽しみながら決めています。昨年は広間を使って初めてのテーブル茶、気楽にお話ができてよかったと好評でした。今年の秋は今まで使ったことのない奥の間を使って、どんな設えにしようかと相談中です。
 お越しいただいた方に「楽しかった、また来たい」「お茶をまた飲みたい」と思っていただけるようにと努めています。
 最近は足腰が悪く座れないという方が多く、椅子の準備は必須です。無理をしないで、気楽に楽しんでいただくことを目的にしていますので、迎える私達も楽しんでいる事が大切だと思います。
 そして、私自身も体力の衰えを痛感していますので、これからもお茶を長く続けて行くためには、体操も必須だと感じているこの頃です。

カテゴリー:行事・茶会 「豪農の館「椿寿荘」で気楽な茶会」のリンク

2017年4月29日

茶カブキを学んで

雲鶴先生招請研究会 

大内慶雪(福島不白会)

 四月二十九日、福島不白会家元招請研究会が、雲鶴先生をお迎えして、白河市南湖公園内の翠楽園で行われました。
 はじめに、雲鶴先生から茶カブキの本来の目的は「利き茶」、お茶の味を比べること。味覚はもちろん視覚、嗅覚など五感を使って吟味することであり、入念な準備と均質に抹茶を点てる技術が大切であるとご指導ありました。掛け板には試茶の順に明示して、皆さんから見える場所に下げること。今回は三種の茶を当てるので、試茶二つ本茶三つ計五つの小棗に、当番で亭主となった私が、計りの容器で茶を入れました。通いなしの亭主なので、自分で折据を持ち出して、正客の前に置き、に茶碗を持ち出し、常の如く試茶を二回点てました。その茶が次客に廻ったとき、正客へ本茶に入ることを告げ利き茶(本茶)の始まりです。
 正客より茶を吟味し、切り掛けの一つを選び折据えに入れて廻し、執筆の元へ。同じく二服目、三服目を点てる。亭主の役目として同じ品質に点てることができたか不安の中、棗盆を執筆まで運び、棗の蓋を打ち返して見せ、執筆は当たり点を付ける。亭主は、丸めた記録紙を正客に渡しお仕舞いです。客の皆様は、記録を見て微笑みがあり、緊張感が解きほぐれた様子に安堵しました。反省点は数多くありますが、有意義な一日でした。

カテゴリー:研究会/雲鶴先生招請研究会 「茶カブキを学んで」のリンク

2017年4月23日

家族も交えての自宅の茶

家元招請研究会 

諏訪田宗教(新潟不白会)

 初孫の初節句の祝いの翌日に今回の自宅の茶の機会をいただきました。
 お待ち合いのテーブル席にてまずご挨拶。お客様のお顔は存じていてもお話しする機会がなかった方と、お家元を通してお話しするきっかけができ、和やかに進めることができました。一献差し上げながら、料理のこと、仕事の事、壁に掛けた武者絵のこと、椰子の実に設えた春蘭のことなど会話を愉しみながら時が過ぎていきました。
 後座は四畳半で、風炉にてお濃茶と続きお薄を差し上げました。板床には二年前の招請研究会にて家元より頂戴した水沼にて詠まれた大色紙をかけさせていただき、情景、書に込めた思いを伺うことができました。
 お薄は水屋の方も一緒に、今日のアドバイスをいただきました。「お濃茶はもう少したくさんがよい」と、細かい所までご教授いただきました。
 最後に家元からのお声掛かりで、二階に住む嫁と孫もご挨拶させていただき、家元の優しいお人柄に感動いたしました。これからは肩ひじ張らずに、交流の輪が広がる自宅の茶を実践できるよう心掛けていきたいと思います。

前日22日には、体操十種と茶事の勉強会が開かれた

カテゴリー:研究会/家元招請研究会 「家族も交えての自宅の茶」のリンク

2017年3月26日

春の好日を、徒然に

水野宗美(高田不白会)

 未だ肌寒い弥生二十六日、上越茶道会定例総会が、謙信公ゆかりの、春日謙信交流館において開催されました。
 まず越後一の宮、居夛神社宮司、花ケ前盛明様に「NHK大河ドラマおんな城主直虎」と題して講演をいただきました。子孫にあたる井伊直弼は、『茶の湯一会集』を著された彦根城主で、余情残心、独座観念等、茶の精神性を再発見する事によって、近代における教養主義的な茶道の展開への道をひらいた素晴らしい大茶人でありました。
 さて、私が担当した呈茶席は、会の合間の一服で、できるだけ簡素にと考えました。お床は、孤篷庵関不羨斎筆の「茶徳拾条」、香合は、紀伊大納言様お好みの貝香合。茶杓は、家元作の銘「湧泉」を拝見盆に飾りました。銘の由来は「気功」からとのことですが、私には足を地につけてしっかりと生きなさいと感じて茶の道を歩んでまいりました。一碗のお茶に、おもてなしの心を込める難しさを感じたお茶席でした。一句を添えさせていただきます。

  かよい筒 一華そっと茶徳かな

カテゴリー:行事・茶会 「春の好日を、徒然に」のリンク

2017年3月5日

「一二三」と「数茶」

雲鶴先生招請研究会 

田中宗俊(久留米不白会)

 昨年、茶名「雲鶴」を命名された博子先生を高牟礼会館に迎えて、三月五日、教授者会の研究会を開催しました。今回の課題は七事式の中から「一二三」と「数茶」の指導を袋棚を使って行いました。
 まず「一二三」は、宗匠なし、客三名、詰、半東付で、お濃茶によって進められました。私は詰を担当しました。香札を入れた小箱の札の入れ方から指導いただきました。
 七事式はあまり行う稽古ではなく、身体が思うように動きません。特に、私は、足の痺れがひどく、立てなくなり、役割を半東にお願いしました。
 「数茶」はを客五名、札役、半東付で、お薄で行いました。十種香札のうち各組から「一」の札と「客(ウ)」の札の二枚ずつを用い、札役の名乗りの札、引いた札、自分の札の置き方、名乗りのあげ方など詳細にわたり、ご指導いただきました。
 私は、亭主役でしたが、半東付でしたので、ひたすらお薄を点て続けました。やはり最後に足がしびれて、立てず粗相しました。全体的な動きをみる亭主役なのに、なれない袋棚の点前に気を取られ、日頃の修練不足で、反省ばかりでした。
 午後は袋棚のお点前を行いました。普段なかなかやらない袋棚の扱いについて、様々な質問に一つずつ、丁寧にご指導いただきました。普段はしない点前の動作には、厳しい指摘もいただき自身の不明を実感しました。細かい点までご指導、ご心配いただき、ありがとうございました。

カテゴリー:研究会/雲鶴先生招請研究会 「「一二三」と「数茶」」のリンク

2017年3月4日

高知城歴史博物館茶室開き

大山宗貴(高知不白会)

 平成二十九年三月四日、待望久しき高知城歴史博物館が開館しました。
 国宝や重要文化財を含め約六万七千点に及ぶ土佐藩主山内家伝来の歴史資料や美術工芸品を収蔵展示する博物館です。
 同三月二十七日、博物館内にあります茶室で茶室開きが行われました。招待状の一部分を掲載いたします。
 「一階和室の一般貸出に先立ち、高知和敬会(昭和三十年県下六流会派をもって高知和敬会が創立)のご協力のもと、左記の要領でお茶会を開催致したく存じます。
 当日は土佐藩に縁の深い石州流と江戸千家不白流のお点前、山内家資料『御菓子帳』から復元した和菓子とお茶で皆様をお待ちしております」とありまして、館長自らの要請を受け、江戸千家と石州流とでお点前を担当させていただきました。当日のお軸は土佐藩十六代藩主山内豊範公の書「連璧」、花は牡丹、花入は青磁鳳凰耳付でした。
 招待客は、当代殿様豊功様をはじめ三十名、茶道関係者三十名と計六十名でした。後は私たち茶会担当の者も交代で入席させていただき午後三時過ぎ無事茶室開きを終えることができました。高知へお出での折には是非高知城歴史博物館へもお立ち寄り下さいませ。

カテゴリー:行事・茶会 「高知城歴史博物館茶室開き」のリンク

2017年3月1日

五智窯での「八寸のお茶」体験旅行

浅見恵子(新潟不白会)

 早春の一日を、新潟不白会青年部の日帰り旅行に参加しました。青年部とはいえ青年から八十代までの各世代の集まりです。まず、五智公園の山道を登って行くと様々な山草花が咲いていて皆様はよくその名前を知っておられ、初心者の私はびっくりでした。下の方で蕗の薹を採って喜んでいた方々も上の方で花開いた蕗の薹集団に「もったいないわー」という声。そして木村先生の五智窯を見学し無造作に置かれた作品を眺めたのち木村亭へ。
 木村先生がご用意下さった手作りの蕨の一本煮、おこわ、鰻の煮付けに舌鼓を打ち、花開いた蕗の薹の花弁をお汁に入れる食べ方にびっくり。上越の濁り酒を先生の作品の片口でいただきそのすっきり感が気に入り、「自宅のお茶」用に購入しました。
 作品の説明、昔話を聞きながら、先生のお点前でお茶をいただく至福のひとゝきを過ごさせていただきました。

カテゴリー:行事・茶会 「五智窯での「八寸のお茶」体験旅行」のリンク

2017年2月7日

中野支部長先生の月釜に

桒原宗誠(新潟不白会)

 二月七日、中野先生が「今年は少し頑張ってみます」と始めてくださった月釜の第一回目に、社中でお招きいただきました。お家元の丹頂の絵の掛かった待合で春蘭の湯をいただき、路地を通っての席入の時には雪も止んでおりました。初めてのお茶室「忘己庵」では良寛の「思無邪」が掛けられ、その凛とした空気に身が引き締まりました。唐物の炭斗、筑前芦屋の釜、万慶寺の丸釘で作られた五徳に驚きました。
 掛物の通り、飾らずありのままのご亭主と正客との話に耳を傾け、楽しみつつ勉強させていただきました。先生の心のこもった懐石料理、平目のお造り、鮑の椀、のどぐろ、強肴の盛り付けも美しく美味しく感激いたしました。私にとって本懐石も久し振りで詰めをさせていただく事で良い経験となりました。
 後座には青竹の一重切にまんさくと白の妙蓮寺椿が入れられ、高麗のお茶碗(春の山)、不白の茶杓(六華)で星の奥をいただき、流祖の赤楽(末松神)、了入の黒楽(寒菊)でいただいた星の昔にも感動いたしました。
 私も背伸びせず自分なりのもてなしで、いつか先生方をお招きできればと思いました。

カテゴリー:行事・茶会 「中野支部長先生の月釜に」のリンク

2016年12月11日

慈恵の一服を味わう

千田文雪(岩手不白会)

 十二月十一日、支部恒例の歳末チャリティー茶会が開かれました。
 夫は突然の病魔に襲われ、「延命は?」と医者に問われる程でしたが回復し、一年ぶりの茶会です。
 三田宗明先生の立礼お席で、夫は病回復のご報告をし入席いたしました。
 会のお終い近くに、先生は主茶碗でもう一服点てられ、「千田さんのご主人、どうぞ」と。
 夫の表情が驚きに替わり、恐縮極まりない様子、やがてお茶を手にし、感慨深げな様子でゆっくりと頂戴し、茶席は終了となりました。
 お礼を申し上げたところ、「お元気になられて本当によかったですね」と笑顔で語られました。
 床のお軸は家元の筆による「慈恵」。茶席で「支部では毎年慈善茶会を行い、多くの方々にしあわせな暮らしができるよう義援金を届けています。今年も「慈恵」の言葉の通り、皆様に安穏で幸せな暮らしが続くよう願いを込めて一服を差し上げました」とお話くださった三田先生は齢百歳。息子のような年の夫に健やかであれと心を込めて点てて下さった一服のお茶は、夫にとっても私にとっても何物にも替え難い忘れられない慈恵の一服となりました。いくつになられても他人の幸せを願い最善を尽くす慈恵の念は私の心に深く焼きつくものでした。
 帰路、夫は先生のお心に感謝し、報いる事ができるよう励みたいと、言葉を詰まらせ語っておりました。
 お茶入も家元好み、お茶杓は宗康先生のお作、寄付の掛物は家元の消息と、江戸千家ゆかりのお道具で、たくさんの方々をおもてなし下さり深く心に残る茶会でございました。

カテゴリー:行事・茶会 「慈恵の一服を味わう」のリンク

2016年11月23日

茶会を皆の〈和〉で

山崎宗明(八女不白会)

 十一月二十三日、開運寺様主催で「第六回山寺のもみじ茶会」が開催されました。現在八女支部の全行事はこのお寺様をお借りしておこなっています。
 多くの行事が開かれる時期で、その日参加できる方の自由参加ということで始めましたところ、各回二十数名集まり、無事に席を持つことができました。お寺様では、今年は座禅と写経の会をお持ちになりました。私共は室内に一席と庭に一席で、何か新しい工夫をと思い、市販ではなく山寺に似合ったもの、野点席にはカリンを使った手作りの菓子に銀杏の葉を添えて、もう一席には蓋付の平椀に栗と白玉団子に小豆あんを添え、小さめの折敷にて外の紅葉を眺めながら召し上がっていただく趣向にしました。
 会員の方々は当日参加ですので、朝色々な手順を知る事で最初は少し戸惑いアタフタとされましたが、今自分は何をすべきかを身体で感じられ、社中は違っても菓子所、内外の茶席と手すきの所へ声を掛け合い、楽しげにお客様をもてなしていました。最後に恒例のお寺の奥様の心尽くしの「だんご汁」をいただき、解散となりました。反省点は数多くありますが、それぞれの社中の垣根を越え茶会を終えることができ、これが一番の収穫ではと思います。
 会員数の減る中、まずは〈和〉をもっておし進めるのが大事ではないかと思う一日でございました。

カテゴリー:行事・茶会 「茶会を皆の〈和〉で」のリンク