江戸千家 >  不白会だより > 自宅の茶で拡がる輪

2017年5月30日

自宅の茶で拡がる輪

家元教場研究会 - 自宅の茶 

李 宗福(長野不白会)

昨日は自宅の茶に岩手の高橋宗敏先生のお宅に長野より四名お招きいただきました。
 寄付広間には家元の大色紙、

たっぷりと濃茶飲み干し半夏生
手捥ぎの枇杷の甘さほのかに

 ご主人様が庭のビワをとって来て下さった事を記して色紙を送られてきたと大変喜んでおられました。
 小間では大徳寺の”流水寒山路”のお床にお花、風車が見事に青磁の花入に活けられておりました。香合は古木に波の蒔絵。濃茶も「百碗展」で求めた物で、豪快にたっぷりと点てていただき、点心の後だけに格別美味しくいただきました。ご亭主様も御相伴されました。終いは広間で果物、ほうじ茶、半東も交え雑談に話が弾み、お水屋の永井さんも加わり、証拠写真を。どんな写真ができますか?
 楽しい自宅の茶は、どんどん輪が広がって行く事でしょう。

カテゴリー:研究会/家元招請研究会 「自宅の茶で拡がる輪」のリンク