江戸千家 >  不白会だより > 2019年 > 11月

2019年11月24日

家元をお迎えして

佐藤雅子(岩手不白会)

 令和元年十一月二十四日盛岡での家元研究会を終えて夕刻から家元が我が家においで下さいました。随行の博之様におかれましては十一月二十四日に斎号新柳をお受けになられたという事を漏れ承り、この度の茶席はそのお祝いを旨として準備を進めました。
 当日はお迎えのご挨拶に始まり、手作りの粗餐と手持の道具にての濃茶、薄茶そしてその後のハーブティーでおもてなし申し上げました。
 家元、新柳様そして岩手不白会会長の澤野宗桂様の幅広く深い話題に座はとても和やかに心地よく進みました。家元が前日東京でのお茶席で使われた楽直入のお茶碗をお持ちくださり、大振りでありながらも掌への収まり具合にいたく感激し、得難い経験で御座いました。
 家元は水屋で控えていた友人たちにもお声をかけ心配りに感謝の思いでした。
 外に出ますと街は深い霧に覆われておりました。お車が霧に吸い込まれるのをお見送りしておりますと、胸・心そして総身に心地よい爽やかさが満ちているのを感じました。翌朝めざめましてもその余韻が尚も溢れてこれもお客様のお人柄の賜物と感謝しました。
 畳一枚も無い拙宅でのお迎えは家元が常々お話しの「自宅での茶事」の実践です。このような機会を頂けました事に厚く御礼申し上げます。有り難う御座いました。
   秋麗や後嗣斎号受けらるる
   掌に名のある茶碗冬初め
   冬の霧茶席の余韻今もなほ
追伸
 後日家元より句入りの葉書が届きました。
   ロマネコンティ大気に触れて秋の宵

カテゴリー:茶の湯を楽しむ 「家元をお迎えして」のリンク