江戸千家 > 行事の予定・報告(2018年) > 天心巡り

天心巡り 日本美術院から赤倉天心六角堂へ

2019(令和元)年9月3日(東京)
10月7日(妙高)

 毎年、その命日近くに都内の岡倉天心ゆかりの地を辿る「天心巡り」が家元と数名の役員で行われています。今年も谷中の日本美術院をスタートに行われました。院内にある天心霊社は岡倉天心や歴代の日本美術院同人を祀る社です。そのときの様子を、参加した平櫛氏に報告していただきましたまた十月に、天心終焉の地、長野県妙高の天心六角堂で催された供茶式の様子を高田不白会の木村蓑心氏に報告していただきました
天心霊社

谷中 天心霊社

日本美術院から天心墓所へ


天心墓所

染井天心墓所

                               平櫛京雪

 今年は「不白生誕三百年」に関連したさまざまな行事が開催されるため、家元邸での九月二日の天心忌茶会は見送りとなり、恒例の「天心巡り」、日本美術院天心霊社へのお参りの中で、宗匠始め院のご協力の下、天心先生への供茶を霊社へお供えすることが出来ました。
 お庭の霊社を望みながら、私が盆点でお点てして、宗匠が霊社へお運くださり、空也の最中と共に雲鶴先生とお二人でお供え下さいました一同二礼二拍礼で天心先生を偲びました。宗匠のお笛「この道」「谷中鶯」をお聞きしながら、美術院の方もご一緒に雲鶴先生のおたて下さるお茶を味わいました。
 数年来念願いたしておりました霊社への供茶が実現し感慨深いものがありました。
 美術院のご理解をいただきながらこのお供茶が家元邸での天心忌茶会と共に江戸千家の行事として継続されていく事を願っています。
 日本美術院旧跡(天心記念公園)、東京藝術大学天心六角堂、午後からは染井の天心墓所を巡りました。
 この天心先生巡りが私の夏の終りとなります。
天心墓所
天心像

赤倉・天心六角堂にて


木村蓑心

 十月六日夜、明日の空模様が気掛かりで一夜を過ごし当日朝、何やら不穏な雲行き、かねてよりの茶友に案内した事でもあり不安ながら六角堂へ向かうと、すでに銘々晴れやかな笑顔で待って居ました。諸氏の協力を得て俄に芝草の上に囲いが整い、宗匠が到着され知友と御対面。六角堂の天心像に供茶をし、般若心経が上げられ皆、合掌しました。
 続いて宗匠を要に皆車座になり、抹茶のお持て成しがありました。お茶が一巡した後宗匠は、六角堂の脇に座し篠笛で三曲奏上されると、雲間から陽が差し天(心)も味方に、その光景は十牛図に例えれば『忘牛存人』か......。 参集の人々は再び感銘の様子でした。言わば見牛、得牛なのか?夫れ夫れに自らのお茶の世界観を見つける切っかけに成ったようです。
 私は未だ、尋牛でさ迷う次第です。蛇足ですが僕は丑年の生まれです。
天心六角堂

赤倉・天心六角堂


© 2020 edosenke
表紙へ歴史流祖茶室茶の湯のすすめ会報から不白会行事ご案内出版物事務局サイトマップ