江戸千家 >  不白会だより > 行事・茶会

Page 7 of 7: « 1 2 3 4 5 6 7

2009年2月1日

新潟不白会初釜–災害を乗り越えて六年ぶり

桑原宗久(新潟不白会)

濃茶席床
濃茶席床–鶴亀画賛
  去る二月一日、お家元ご夫妻、宗康先生においでいただいて六年ぶりに支部の初釜が催されました。
 会場は新潟市の老舗料亭「鍋茶屋」。見事な繭玉飾りに迎えられ、そこはもう華やかな別世界です。
 お濃茶席は流祖不白の鶴亀画賛がかけられ、古銅の花入には紅白梅と椿、竹台子注連飾り、嶋台の茶碗で中野支部長により大福茶が振る舞われました。
 テーブル茶の薄茶席は、来年設立十周年を迎える青年部が担当しましたが、毎年の早春茶会の実践の積み重ねが生き、各テーブルとも、とても魅力あるおもてなし振りでした。全部のテーブルを廻りたかったとの声が聞かれました。また、この薄茶席では、福引きも行われ、景品にはお家元、宗康先生よりいただいた短冊等も加わって楽しく和やかなお席となりました。
祝宴風景
百二十名が集った祝宴
 点心(祝宴)は全員一堂に会していただきました。支部会員百二十名程の出席でしたが、お茶席でも点心席でもお家元ご夫妻、宗康先生とご一緒できましたことを嬉しく思っております。
 思い起こしますと、前回の初釜の翌年に新潟で全国大会があり、その直後に水害があり、秋には中越地震がありました。そして、また中越沖地震がありました。今年こうして初釜が催されたことにとても幸せを感じております。

カテゴリー:行事・茶会 「新潟不白会初釜–災害を乗り越えて六年ぶり」のリンク

2009年1月25日

ロサンゼルス不白会初釜報告

今年も賑やかに楽しく

(ロサンゼルス不白会)

 ロサンゼルス不白会支部長の西村宗櫛さんから、西村社中の初釜の様子を伝える写真がメールで届きました。
 1月25日、サンディエゴのシェルドン宗園社中を招いて行われたとのことです。
 木蓮、ボケ、花梨、紅白の椿が満開という温かい土地柄。伸び伸びと楽しそうな初釜の様子です。一部を紹介します(編集部)。
寄付風景
寄付風景
炭手前
真剣に炭点前
入席を待つ
入席を待つ
後座-濃茶
後座-濃茶
後座-薄茶
後座-薄茶
福引
福引-皆の戦利品

カテゴリー:行事・茶会 「ロサンゼルス不白会初釜報告」のリンク

2009年1月11日

はじめて初釜に参加して —第39回諸流新春初釜茶会—

早川恵子(福島不白会)

点前の様子
心を落ち着けてはじめての点前
 去る一月十一、十二日の二日間にわたって第三十九回諸流新春初釜茶会が郡山市のうすい百貨店で開催されました。
 江戸千家福島不白会は、第一日目の担当でした。早朝からのお席の設営に社中の意気込みと完璧な程の協力体制に経験のない私にはとてもよい刺激になりました。
 お席も整い、お客様をお迎えする時が近づくにつれ、はじめてお点前をする私は波のように押し寄せてくる緊張感と焦りを感じるようになりました。ふと、準備万端整ったお席の炉のそばにそっと座らせていただき、お釜からの湯気にしばらく目をやっておりますと、普段のお稽古時に先生から「お茶は心をこめておいしく点てお出しすることが大切なのよ」「失態があっても慌てずに」などのお言葉をいただいたことが浮かんできて、自然に心が落ち着き、一期一会の心を何よりも大切にし、この機会が与えられた今を感謝すべきと思えてきました。
 でも本番となると、大勢のお客様からの視線と辺りの静けさが容赦なく訪れ、私自身がこの雰囲気に呑まれてしまわないように注意や努力が必要となりました。
 茶の湯の奥の深さは測り知れない程、スタートラインから一、二歩、歩みだしたばかりの私。先生、仲間と一緒のお茶室でやっと得た楽しい時間を無にしたくない、そんな強い思いから精一杯の心をこめた茶を用意致しました。顔をあげるとお客様からの何ともいえない笑顔がかえってきて私の心は一瞬に嬉しさにあふれました。
 はじめての初釜への参加によって、茶の湯への親しみが深まり、ますます意欲がかきたてられ、日頃のお稽古がいかに大切かをかみしめながら帰途につきました。

カテゴリー:行事・茶会 「はじめて初釜に参加して —第39回諸流新春初釜茶会—」のリンク

2008年9月26日

坂本繁二郎画伯生家修復チャリティー茶会

田中宗芳(久留米不白会)

坂本繁二郎画伯生家修復チャリティー茶会
試行錯誤の舞台設営・多くの来場者で賑わう
 前日まで降り続いた雨も止み,早朝から日が差し始めた九月二十六日、久留米市六ツ門町の六角堂広場に於いて坂本繁二郎画伯生家修復チャリティー茶会を催しました。広場での茶会ははじめてのことで、ステージでの点前の方法、客席をどうするか、舞台装置の設営など試行錯誤の末、当日を迎えました。
 久留米が生んだ近代洋画家の巨匠坂本繁二郎画伯は、明治十五年久留米藩士の子として京町に生まれました。生家は江戸時代後期から明治初期にかけて建てられた久留米に唯一残る武家屋敷で、市の指定文化財(建造物)となっています。しかし経年の腐朽や蟻害等で危険な状態となったため、久留米市文化観光部文化財保護課によって、保存整備事業が実施されています。
 坂本繁二郎画伯の奥様、宗薫先生は、昭和二十五年創立江戸千家九州支部初代支部長として長年に亘りご活躍された方です。物静かな温和なお人柄で、支部の発展に尽くされ、千余名の会員を擁する大きな支部となりました。
 坂本画伯は昭和六年にアトリエを八女市に移されたため、八女、佐賀、福岡と、江戸千家の茶の湯は広まり九州支部は大きくなっていきました。現在アトリエは久留米市文化センターに移築されています。
 生家の修復は平成二十二年春の完成を目指し、茶室、野点等でも使用出来る施設となるそうです。
 幸い、茶会当日は八女、佐賀の両不白会から、また他流の方々や地元の商店街の皆さんも、大勢訪れてくれました。盛会のうちに坂本繁二郎画伯、宗薫先生のご遺徳を忍びながらの一日を終えました。
 十月二日、この日の収益金が西村会長から久留米市長へ手渡しされ、修復への願いをお届けしました。

カテゴリー:行事・茶会 「坂本繁二郎画伯生家修復チャリティー茶会」のリンク

2008年8月1日

灯篭茶会

白井宗節(福島不白会)

灯篭茶会
幻想的な灯篭が池に浮かぶ
 今年も八月一日から三日間、白河茶道連盟主催の灯篭茶会が開催されました。
 江戸千家福島不白会は二日目を担当いたしました。
 南湖公園内日本庭園の池に灯篭を浮かべ、路地の通路には蝋燭が灯されて、幻想的な雰囲気を醸し出しました。
 地域の茶道に尽力された物故者に黙祷を捧げてから、供養の茶席となり、経筒に古代蓮を入れ、長板、平水指、男性のお点前で薄茶を差しあげました。
 親子で夕涼みを兼ねたり、外国の方がゆかた姿でおいでになったり、インターネットで知ったと、新幹線を利用して来てくれた方もありました。暑い日でしたが、夜の茶会を満喫して下さったのではないかと思います。

カテゴリー:行事・茶会 「灯篭茶会」のリンク

2008年6月26日

茶の湯体験セミナー

西村宗櫛(ロサンゼルス不白会)

初めてのお抹茶
お抹茶、good!
 六月二十六日、サンタモニカ市立図書館にて、japanese culture festivalで日本文化の紹介をするプログラムがあり、茶の湯体験セミナーと称して参加しました。
 ちょうど、京都宮川町の芸舞妓、小桃様とお母様の小糸様がお見えになっていましたので、一緒に茶会もいたしました。
 アメリカは六月末から夏休みに入っていますので、大勢の人の参加があり、皆様楽しんで茶の湯を体験してくれていたようです。
 
指導風景
熱心で楽しそうな指導風景
芸舞妓さんのお点前
日本の風情に興味津々

カテゴリー:行事・茶会 「茶の湯体験セミナー」のリンク