江戸千家 >  不白会だより > 2020年 > 10月

2020年10月18日

新潟不白会教授会

雲鶴先生招請研究会 

小川宗弘(新潟不白会)

 十月十八日燕喜館にて雲鶴先生をお招きして研究会が行われました。
 今年はコロナウイルスの影響で立て続けに研究会や講演会等が中止となり、直接ご指導いただける貴重な場となりました。 課題は「中置きの点前」。午前は炭、薄茶点前と続き、午後は一客一亭の濃茶点前のご指導を賜りました。いずれの場合においても、常に先を考える事が大変大事であるということをお教えいただきました。
 お道具の相応しい位置への設えや、半東も臨機応変に対応し、サポート出来るようになると改めて学びました。今後ご教授いただいた事を意識しながら全体に気を配り、心のこもったおもてなしをして参りたいと思います。
 雲鶴先生の温かく細やかなお心遣いが有り難く、質問にも丁寧にお答えいただき、今後の稽古に活かしていきたいと思いました。

カテゴリー:研究会/雲鶴先生招請研究会 「新潟不白会教授会」のリンク

2020年10月16日

2020年度 家元教場研究会レポート(5)

家元教場研究会 実践 「自宅の茶」

●思い切って上京

   加賀秀雪(青森不白会・金曜A組)

 先日の研究会は思いがけず家元とご同席でき、興味深く楽しいお話をお聞きする機会を得ました。持参したリンゴの名前がわかりました。青森の地で開発された品種で「はつ恋ぐりん」という名でした。初恋の甘酸っぱさがでしょうか。思い切って上京し心が晴れたような気がいたしました。来月にはこちらは里にも白い物が……です。寒さに向かう折り、どうぞご自愛くださいませ。

カテゴリー:研究会/家元招請研究会 「2020年度 家元教場研究会レポート(5)」のリンク