江戸千家 >  不白会だより > 2020年 > 6月

2020年6月24日

自宅にお招きして

田中尚一(新潟不白会)

 六月二十四日、中野宗順先生はじめ四人の方を自宅にお招きし、台所の丸いテーブルで、私一人、のんびりとてんぷらを御馳走する趣向です。
 まず四種類の中国茶を一杯ずつ、続いて大きめの中国茶碗で鉄観音茶をたっぷりと差し上げて、天ぷらをはじめました。
 てんぷらは、電気自動てんぷら揚げ機で、油の温度が自動で一定に保たれるので、タイマーをセットしておけば、皆さんと一緒に食事したり、会話したりできます。台所で、男の私一人で対応、料理もすると驚かれるのですが、手際が良いとか、案外台所もきれいとか嬉しい感想をいただきます。
 食事の後は、お持ちいただいた和菓子で初心のお盆点て薄茶を差し上げました。休む事のない会話が続き、皆さんくつろいでいるようでした。最後にドリップコーヒーとお菓子で終了です。お帰りになった後片づけもずいぶんと楽しいものでした。
●お客になって

岩原朋子(新潟不白会)

 田中尚一さんはお仕事を引退されてから、男性ならではの集中力でみるみるお茶の世界に没入されていることで社中では有名な方です。
 初訪問の緊張を和らげるような雰囲気の中で、貴重な中国茶を数種類いただき、季節のお野菜や魚介のてんぷらを振る舞われた後に、お盆立てのお茶をいただきました。田中さんのこまめな動きに驚かされつつも、おしゃべりにも花が咲きました。
 お客様を自宅に招いてのおもてなし。楽しそうに切り盛りする田中さんには改めて感銘を受けました。このような心身の余裕を私も持ちたいものだと思いました。

カテゴリー:茶の湯を楽しむ 「自宅にお招きして」のリンク

2020年6月1日

稽古再開に思う

御堂島良子(長野不白会)

 長野県で緊急事態宣言が解除された六月一日、お稽古が再開されました。
 「家元稽古場におけるコロナ対策」を基に李宗福先生が細やかな配慮をしていただき、いつもと同じようにお稽古に励むことができました。
 和韻点ては、私にとってははじめてのお点前で、流祖没後二〇〇周年を記念する全国大会で、孤峰忌にあたる二日目に家元が点てられたということを、後に記事により知りました。
 「人類はいままで、時代を先取りしてくれた先駆者により導かれてきた」
 コロナ禍に関わるある研究者の言葉ですが、 家元ご考案の和韻点ては、今の状況に相応しいお茶の点て方だと思います。 当たり前のようにお茶室への木戸をくぐり、先生が丹精を込められたお庭に心和ませていただきながらお稽古に励むことのできる日常が、なんと幸せなことかと、改めて感じる日々であります。
 七月最初のお稽古は、佛国寺石雲和尚様の「一志一道」のお掛け軸の前で心静かに和韻点てのお点前を学びました。
 「惑うことなくひたすらに励むことこそが一期一会」と、心に深く刻ませていただきました。

カテゴリー:茶の湯を楽しむ 「稽古再開に思う」のリンク