江戸千家 >  不白会だより > 2019年 > 6月

2019年6月16日

気楽に楽しめる茶会

高田不白会 青年部青峰会

◦おもてなし側として

小笠原孝雪

 最初の濃茶席では、亭主の竹田会長は「気楽な席とはいえ濃茶は重々しく」との思いを込めて準備されました。床は後西天皇の色紙「日光の宮にて」。古瀬戸茶入「老松」、水戸徳川治保公お手焼の黒楽茶碗、石州流藤林宗源の茶杓にて点前が行われました。ゆっくりお茶を味わいながらお道具を愛でる穏やかな一時となりました。
 点心でリラックスした後の薄茶席では、会員持参の茶碗が使われました。お気に入りの品、思い出の品、自作の品など。自作とは、会の研修で五智窯の木村先生の御指導のもと製作したものです。自作ともなると話し手の熱意が一段と増して、お客様も盛り上げ上手と相俟って、賑やかなエネルギッシュともいえるお席になりました。
◦お客として

浅野ゆか子

 作務衣姿のご亭主と半東さんがお二方温かく迎えてくれ総勢十名ほどのお客、とてもアットホームな雰囲気の中、お濃茶お薄と頂戴しました。
 お道具の取り合わせ、掛物、季節のお花、お菓子等々、水屋の準備も含め、もてなす側のご苦労は大変なことと想像ができます。
 大寄せの茶会ではできないような説明があったり、そこから歴史の話に発展し、そのお道具に出会ったきっっかけまで。お薄では会員の方手造りの色や形、大きさの違う茶碗が次々と登場し私達の目を楽しませてくれました。お客として参加し、感謝と共に有意義な一日となりました。

カテゴリー:行事・茶会 「気楽に楽しめる茶会」のリンク

2019年6月13日

支部研究会で「テーブル花月」

長野不白会 望月グループ

 今年度の家元教場研究会のテーマテーブル茶はとても楽しく心踊る体験をさせていただいております。
 長野不白会では、李宗福先生が支部長になられてから、毎月第二木曜日に小諸市文化センター茶室をお借りして支部研究会をしております。
 佐久・小諸・望月地域の三グループが当番となり、七事式や小習十三ヶ条あるいは季節のもてなし等それぞれのグループの創意工夫の支部研究会をしております。
 私達望月グループは六月十三日が当番でした。五月十五日の教場研会でご指導いただいた「テーブル花月」を致しました。
 全員で濃茶をいただいた後、中立をして席を改めてテーブル花月をスタート。全員参加ができるように三席、それぞれの亭主の好みの花を生け、茶碗も替えて気分も新たに勉強できました。初回こそ戸惑いの声もありましたが「決まり事が多い花月に較べてとても楽しかった」という声が大半、終了後、点前に対する質問や疑問が沢山出ました。翌日も、電話やメールで「楽しかった。教場研究会に行かれないのに良い勉強をせてもらいました」といただき嬉しい悲鳴をあげたほどでした。

カテゴリー:研究会/その他 「支部研究会で「テーブル花月」」のリンク

2019年6月11日

2019年度 家元教場研究会レポート(5)

基本(体操十種・小習・テーブル茶) 第三回 

テーブル茶の亭主をして

土屋宗葉(火A:東京不白会)

 楼蘭の拓本、ベネチアングラス、正倉院展の葉書、シルクロードを渡って来た品と、扇面の棗、蓮鶴先生お作の茶杓で、ご遠方よりいらしたお客様をおもてなしです。華やかな色の花入れには、白い嵯峨菊と唐竹蘭を入れました。
 お正客様が、長くお茶を続けられる訳など沢山お話して下さいましたので、他のお客様と共にお話しに聞きほれました。
新しいお盆点前の道具の配置に、お客様や回りを囲む方々の視線が集中しているのを感じました。緊張のあまり茶杓を持つ手が震え少しこぼしてしまった時『何をやっているんですかねえ』と、蓮鶴先生のお声が聞こえた様な......。お客様お一人お一人に精一杯美味しくお茶を点てることが一番と考えました。三客様が『美味しかったのでもう一服』と所されたことが、何より嬉しかったです。

カテゴリー:研究会/家元招請研究会 「2019年度 家元教場研究会レポート(5)」のリンク

2019年6月9日

大分不白会家元招請研究会

家元招請研究会 

◦初めてのテーブル花月

緒方佐和子

 体操十種は運動不足の私にも取り組み易い内容で、前半で早くも汗ばみ、全身の血液が勢いよく流れ出すのを感じたほどでした。日頃伸ばせていない部分のストレッチもあり、股関節の硬さを自覚しました。快適な老後をイメージし、今から筋力を蓄える努力をしたいと思います。
 テーブル花月は初めてのことで、興味津々。亭主とお客の距離も近く、札の扱いも、折据の扱いも手元がよく見えて稽古になると思いました。お盆点てで時間もかからないので何度もお茶を点てられますし、いろんな人が立てるお茶が飲める楽しみも有ります。座代わりですれ違う際にハイタッチがあったのには驚きましたが、今回のお当番は若い人達だったこともあり楽しさが倍増したように感じました。
◦テーブル茶ならの「おしゃべり花月」

工藤宗睦

 別府豊泉荘での研究会。課題は、体操、掛け軸の扱い、テーブル花月でした。 私はテーブル花月で亭主をさせていただきました。初めてのことでしたので、家元の指導のもと進めました。まず、着席し亭主が茶を絶てる。そこから折据を回し「月」の飲む方を決める。同時に「花」を引いた次の点前者が亭主席に移動。すれ違うときに「ハイタッチ」を勧めていると、家元。テーブル茶とは和やかな雰囲気でお茶を飲んで楽しむもの。そこに花月というゲーム性をプラス。より楽しめるような仕掛けです。ハイタッチをすると自然に皆さんが笑顔になりより場が和みます。本来花月は無言で滞りなく進む式法ですが、テーブル茶ならではの「おしゃべり花月」もいいなと思いました。
 家元の「楽しそうで良かったのですが、作法や手順ばかり気にして、おいしいお茶を点てるという当たり前のことをおざなりにしていませんか」という言葉が心に響きました。

カテゴリー:研究会/家元招請研究会 「大分不白会家元招請研究会」のリンク

2019年6月8日

雲鶴先生を迎えて出稽古

上野 爾今(仙台同好会)

 百年、二百年単位の長い視野で林業を営む大沼御殿。四方が山に囲まれ、山そのものが庭園かのよう。この日は雨で、雨にかすむ庭がまた素晴らしい。最高のおもてなしは貴重な古いガラス戸越しのゆがんで見える景色であった。茶席は皆、五感で自然と語る。
 各自眠っている道具を持ち寄り、テーマは「六月を感じる道具組」とした。道具は使うものじゃなく育てるものだと思う。箱から出し活躍させて、可愛がってやれば、いい道具になる。自分の力を出してくれる。
 濃茶は、剛雪さん担当。お薄は、新人若手三名が実践した。雲鶴先生のご指導を客人もベテランも見逃すまいと頭に新たに叩き込んでいた。やがて雨も上がり、 ガラス窓を開けると着物に優しい風が入り込む。「風と語る」贅沢な自然の贈り物。
 客人の隣に新入りの会員が上座の勉強。古株の男性全員が末席にて道具の説明。  十月十九日に市の茶室を予約した。茶会を学ぶため稽古場を飛び出し楽しく勉強会を予定している。

カテゴリー:行事・茶会 「雲鶴先生を迎えて出稽古」のリンク