江戸千家 >  不白会だより > 2017年 > 12月

2017年12月10日

相伝式を迎えて

神農宗史(長野不白会)

 風もなく穏やかな青天に恵まれた十二月十日、緊張と高揚感をたずさえ相伝式に臨みました。
 家元邸の庭の色鮮やかな落葉に心癒されつつも、背筋がピンと伸びる緊張感を感じながらご相伝が行われる広間へ。はじめて家元にお会いしお点前を拝見させていただきましたが、いっさいの無駄のない流れるような優雅な所作、お点前に引き込まれ、時が経つのも忘れ見入り感服いたしました。
 またこの日のために選んでくださった素晴らしいお道具の数々。代々大切に受け継がれてきたものが時を経て今、眼前にあるご縁に感謝の思いで一杯でした。
 今回私は、先生方が弟子の晴れ姿を温かく見守る光景を目の当たりにし、これが相伝、こうして文化は受け継がれていくのだと実感いたしました。
 家元もおっしゃっていたように、先生の激励がなければここまで来ることはできず、この景色を見る事はできませんでした。李先生をはじめ、同社中の皆様に感謝するとともに、これからも精進して参りたいと思います。

カテゴリー:茶の湯を楽しむ 「相伝式を迎えて」のリンク

2017年12月1日

体操十種は素晴らしい

白井宗節(福島不白会)

 ここ数年食べても太れないので、かかりつけのクリニックに相談、大きな病院で精密検査を受ける紹介状をお願いしました。七月の検査の結果、胃癌と肝臓癌が見つかりました。
 八月中旬に胃癌を内視鏡で除去、術後は重湯からお粥の食事でしたが一週間で退院しました。筋力の衰えが体力に響きました。
 一カ月体力増強に努めて十月中旬に肝臓癌の開腹手術で癌部分を摘出しました。ここで手足のグーパー運動はじめ家元研究会で実施した顔面、手足のツボ押しをベッドの上で行い、術後三日目からのリハビリでは、身体のバランスを取り戻す体操十種の一部を行いました。
 手術後十日で退院しましたが、自宅に戻った日から横になることもなく、日常の生活に戻る事ができました。体力が衰えてない状態での手術と、術後の筋力維持の体操で回復は驚くほど早く体操十種の効果にびっくりしています。幸い胃癌も肝臓癌も初期で完全に取り除くことができました。術後の放射線照射も抗がん剤投与も必要ありませんでした。十二月白河茶道連盟の月釜担当には、名心庵筆の「無事」を掛け、年の瀬を迎えることの喜びをお客様と共有したいと思っています。

カテゴリー:その他 「体操十種は素晴らしい」のリンク