江戸千家 >  不白会だより > 2017年 > 11月

2017年11月18日

趣のあるお宅での素晴らしいおもてなし

家元教場研究会「自宅の茶」 

山口香雪(東京不白会)

 海にほど近い静かな住宅街の茅葺きのお宅、ここが江守雅雪先生のお住まいでした。
 大正時代から使われている応接間で香煎茶をいただいてから、花外亭のお茶室で、江守先生の和韻点ての茶をいただきました。お茶碗は井戸脇、中国白磁、どちらも手中にすっと収まる、やさしく、趣と品格のあるお茶碗でした。点心をいただくダイニングに続く廊下には、緋色地の更紗が腰壁のように取り巻いていて、オフホワイトの壁やダークブラウンの柱とも調和し、和の世界と洋の世界をつなぐ空間と思えました。
 お料理は祥瑞の銘々皿に玉子を焼いたもの、アボガドやクリームチーズで半円に象られたテリーヌ等、色鮮やかな品々が盛り付けられていました。椎茸の胡麻和えが割り山椒の器に、お椀は鶏のつくねのおすまし、お寿司は旅先で求められたという綺麗な飾り皿に盛られていました。江守先生お手作りの梅酒の古酒も添えられていました。先生は大らかなご様子で、お若い頃のエピソードなど冗談交じりに楽しくお話しくださり、素敵なお人柄が感じられました。移築された大正時代の料亭の四畳半のお茶室。奥行きのある立派なお床に、宗匠の「喫茶往来」が掛けられ、古銅耳付の花入にズイナの照葉、妙蓮寺椿。青磁の水指の由来など聞きながらたっぷりとお茶をいただきました。お茶碗は乾山の半筒と、お義父様手作りの黄瀬戸でした。最後に応接間にて楽しいお話を伺いながら、江守先生やご相客の皆様との出合いの機会をいただいたことに感謝しつつ帰路につきました。

カテゴリー:研究会/家元招請研究会 「趣のあるお宅での素晴らしいおもてなし」のリンク

2017年11月12日

ドイツで「茶の湯入門」

野尻明子(ドイツ在住)

 ドイツ在住の野尻明子さんの、お稽古の様子、いただいたメールと写真で紹介します。

 十一月十二日と十九日の日曜日に、私の日本語初心者コースの生徒の人達(ドイツ人、イタリア人、中国人、メキシコ人)の希望により、「茶の湯入門」を我が家の居間で催しました。皆和食ファンで、新鮮な抹茶と栗きんとん(フランスの栗と南アメリカ産の白豆とドイツの砂糖で作りました。大きさもドイツ版です。)をとても喜んで味わってくれました。

 

カテゴリー:行事・茶会 「ドイツで「茶の湯入門」」のリンク

2017年11月5日

新潟茶会

伊藤宗翠(新潟不白会)

 十一月五日北方文化博物館沢海本館において、第六十五回新潟茶会が開催されました。
 新潟不白会は、大呂庵において薄茶席を中尾宗禮先生がお持ちになりました。私もお手伝いさせていただきました。
 最近は天候が急変し、前日の準備は凄い嵐でしたが、当日は青天に恵まれ安堵いたしました。立礼席でお床は、流祖不白筆「時雨画賛」、花入は「丹波らっきょう形」で残花十一種類が入り、香合は銘が「柚」駒沢春斎造、お客様は三百名で素晴らしいお道具にいつまでも名残惜しそうに見入っていらっしゃいました。
 私はお客様に一時を愉しんでいただきたいと重い、お正客をお願いしたり、お点前をしたりと何役もさせていただきましたが、お客様から素晴らしいお席でした、お茶が美味しかったです、という言葉が耳に入ってきて、安心いたしました。お社中全員で協力しあってお客様をお迎えできたことで、お茶会が終わった後も疲れを感じる事なく、楽しい余韻のまま帰途に着くことができました。

カテゴリー:行事・茶会 「新潟茶会」のリンク