江戸千家 >  不白会だより > 2017年 > 7月

2017年7月7日

青葉の仙台便り

川上雲鶴

 頑張って続けて来られた仙台の稽古場がやむなく休止となりました。しかしながら、仙台の方々や家元の熱意によって昨年九月より再開。少人数の中、岩手不白会の先生の助力を得て月二回の稽古を続けております。
 毎回、部屋のしつらえに始まり、炭、花、濃茶等、皆で手分けしながらの一回で楽しく一日が過ぎます。岩手の千田先生や皆様の様子を見ていると、私も教えられることがたくさんあり伺うのを楽しみにしております。今後仲間を増やすべく努力してまいりますので、どうぞよろしくお願い申し上げます。

初釜にお客様を迎えて(1/14)

家元による炭のくべかたの指導(12/24)

カテゴリー:茶の湯を楽しむ 「青葉の仙台便り」のリンク