江戸千家 >  不白会だより > 2017年 > 5月

2017年5月28日

仙台藩のお姫さまの遺愛品を用いて

家元招請研究会 

蟻川宗順(群馬不白会)

 遠隔の中之条町に家元、会長をはじめ五人のお客様をお迎えしました。
 皆さん到着し、寄付から家元の声が聞こえてきます。夢ではなく、私の家においてです。気を静め席入りし、いつもと変わらぬ家元の姿を拝見し、ほっとしました。家元が自然の風を希望されたので、クーラーを止め五月の爽やかな風の中、茶事を進めました。
 季節がら山菜中心の粗飯を召し上がって頂きました。後の反省会で指摘がありましたが、料理の品数は少なく、ゆっくり味わえる事が大切とのこと。本当にそうでした。限られた時間に用意した品をお出ししなくてはと、気持ちが急いてしまい、亭主の都合を優先し、召し上がるお客様の配慮を忘れていました。大切な課題となりました。
 中立ち、後座の準備。床に菖蒲の花、仙台萩、風露草を飾りました。後座、つづき薄茶でお茶を召し上がって頂きました。
 当日の道具ですが、主人の父親の伯父に仙台藩のお姫様、桃子さんがお嫁入りして来ました。若くして亡くなり、形見となったお嫁入り道具の茶道具を使いました。長く使われる事もなく平成の年、この日にお家元、皆さまに御覧頂けたこと、さぞ喜んでいることと思います。桃子さんを忍び、仙台萩を席に添えさせて頂きました。

カテゴリー:研究会/家元招請研究会 「仙台藩のお姫さまの遺愛品を用いて」のリンク

2017年5月15日

風薫る五月に家元を迎えて

家元招請研究会 

飯田宗美(須坂不白会)

 風薫る五月でございます。
 昨日は我が家にお出でくださいましてありがとうございました。
 初めての自宅の茶は自分の事で精一杯で、お客様を思いやる余裕がなく、中途半端な挨拶から始まり、玄関の打ち水や花への霧吹きなど、基本的な事を忘れ、不手際が思い出され赤面しております。
 そんな中でもお客様のあたたかな見守りを感じながらお陰様でとても楽しく幸せな一日を過ごすことができました。
 いつか余裕をもって亭主を務められるよう経験を重ねて参りたいと思います。
 色紙「国破在山河 城春草木深」を賜りまして誠にありがとうございました。まずはその色紙のお披露目の茶席を実現したいと考えております。

カテゴリー:研究会/家元招請研究会 「風薫る五月に家元を迎えて」のリンク

2017年5月12日

喫茶往来で元気で楽しく

家元教場研究会 - 自宅の茶 

中尾宗禮(新潟不白会)

 新緑の美しい季節となりました。
 この度は大色紙を頂戴いたしまして、誠に有り難うございました。とても良い記念となりました。
 五月十二日「自宅の茶」ということで、遠方より有川宗良、金井宗美、松田清雪様にご来新いただきまして、大過なく終えることができました。
 早速にお礼状を頂戴しました。楽しく幸せな一時を共有出来ました上に、皆様からたくさんの元気をいただきました。年を重ねます毎に世間が狭くなってまいるのが普通のようですが、―喫茶往来―これからも元気に茶道を学びながら楽しんで参りたいと存じます。

カテゴリー:研究会/家元招請研究会 「喫茶往来で元気で楽しく」のリンク

2017年5月9日

自宅の茶―庭の芽吹きをご馳走に

家元教場研究会 - 自宅の茶 

白井宗節(福島不白会)

 我が家は山の中の長閑な所なので、芽吹きを眺めながら一服差し上げたい旨案内状を送付しました。高知の石元様、東京の中村様、阿部様から参加のご返事をいただきました。
 当日、半東役の太田さんに車で迎えに行ってもらい、出迎え挨拶の後、十一時三十分から、八寸程度で一献。私も持ち出し一緒に話をしながら戴きました。
 中立の後、待合でお菓子を差し上げ、鳴物で茶席へ入席いただいて濃茶付薄茶にしました。
 亭主として一番良かった事は、招いた目的の芽吹きを眺めることが出来たことです。庭の一番美しい時に来ていただくことができました。主人が手入れしている庭でつつじが色とりどりに咲き誇り、この日牡丹が満開になりました。
 遠方からお出でいただき恐縮でしたが、実施できた満足感を味わいました。

カテゴリー:研究会/家元招請研究会 「自宅の茶―庭の芽吹きをご馳走に」のリンク