江戸千家 >  不白会だより > 2017年 > 4月

2017年4月29日

茶カブキを学んで

雲鶴先生招請研究会 

大内慶雪(福島不白会)

 四月二十九日、福島不白会家元招請研究会が、雲鶴先生をお迎えして、白河市南湖公園内の翠楽園で行われました。
 はじめに、雲鶴先生から茶カブキの本来の目的は「利き茶」、お茶の味を比べること。味覚はもちろん視覚、嗅覚など五感を使って吟味することであり、入念な準備と均質に抹茶を点てる技術が大切であるとご指導ありました。掛け板には試茶の順に明示して、皆さんから見える場所に下げること。今回は三種の茶を当てるので、試茶二つ本茶三つ計五つの小棗に、当番で亭主となった私が、計りの容器で茶を入れました。通いなしの亭主なので、自分で折据を持ち出して、正客の前に置き、に茶碗を持ち出し、常の如く試茶を二回点てました。その茶が次客に廻ったとき、正客へ本茶に入ることを告げ利き茶(本茶)の始まりです。
 正客より茶を吟味し、切り掛けの一つを選び折据えに入れて廻し、執筆の元へ。同じく二服目、三服目を点てる。亭主の役目として同じ品質に点てることができたか不安の中、棗盆を執筆まで運び、棗の蓋を打ち返して見せ、執筆は当たり点を付ける。亭主は、丸めた記録紙を正客に渡しお仕舞いです。客の皆様は、記録を見て微笑みがあり、緊張感が解きほぐれた様子に安堵しました。反省点は数多くありますが、有意義な一日でした。

カテゴリー:研究会/雲鶴先生招請研究会 「茶カブキを学んで」のリンク

2017年4月23日

家族も交えての自宅の茶

家元招請研究会 

諏訪田宗教(新潟不白会)

 初孫の初節句の祝いの翌日に今回の自宅の茶の機会をいただきました。
 お待ち合いのテーブル席にてまずご挨拶。お客様のお顔は存じていてもお話しする機会がなかった方と、お家元を通してお話しするきっかけができ、和やかに進めることができました。一献差し上げながら、料理のこと、仕事の事、壁に掛けた武者絵のこと、椰子の実に設えた春蘭のことなど会話を愉しみながら時が過ぎていきました。
 後座は四畳半で、風炉にてお濃茶と続きお薄を差し上げました。板床には二年前の招請研究会にて家元より頂戴した水沼にて詠まれた大色紙をかけさせていただき、情景、書に込めた思いを伺うことができました。
 お薄は水屋の方も一緒に、今日のアドバイスをいただきました。「お濃茶はもう少したくさんがよい」と、細かい所までご教授いただきました。
 最後に家元からのお声掛かりで、二階に住む嫁と孫もご挨拶させていただき、家元の優しいお人柄に感動いたしました。これからは肩ひじ張らずに、交流の輪が広がる自宅の茶を実践できるよう心掛けていきたいと思います。

前日22日には、体操十種と茶事の勉強会が開かれた

カテゴリー:研究会/家元招請研究会 「家族も交えての自宅の茶」のリンク