江戸千家 >  不白会だより > 2016年 > 11月

2016年11月23日

茶会を皆の〈和〉で

山崎宗明(八女不白会)

 十一月二十三日、開運寺様主催で「第六回山寺のもみじ茶会」が開催されました。現在八女支部の全行事はこのお寺様をお借りしておこなっています。
 多くの行事が開かれる時期で、その日参加できる方の自由参加ということで始めましたところ、各回二十数名集まり、無事に席を持つことができました。お寺様では、今年は座禅と写経の会をお持ちになりました。私共は室内に一席と庭に一席で、何か新しい工夫をと思い、市販ではなく山寺に似合ったもの、野点席にはカリンを使った手作りの菓子に銀杏の葉を添えて、もう一席には蓋付の平椀に栗と白玉団子に小豆あんを添え、小さめの折敷にて外の紅葉を眺めながら召し上がっていただく趣向にしました。
 会員の方々は当日参加ですので、朝色々な手順を知る事で最初は少し戸惑いアタフタとされましたが、今自分は何をすべきかを身体で感じられ、社中は違っても菓子所、内外の茶席と手すきの所へ声を掛け合い、楽しげにお客様をもてなしていました。最後に恒例のお寺の奥様の心尽くしの「だんご汁」をいただき、解散となりました。反省点は数多くありますが、それぞれの社中の垣根を越え茶会を終えることができ、これが一番の収穫ではと思います。
 会員数の減る中、まずは〈和〉をもっておし進めるのが大事ではないかと思う一日でございました。

カテゴリー:行事・茶会 「茶会を皆の〈和〉で」のリンク

2016年11月19日

岩手不白会研究会

家元招請研究会 

(岩手不白会)

 去る11月19日、20日に、岩手不白会家元招請研究会が行われました。
 会の様子と、翌21日に家元が訪れた伊豆沼の風景をともにご紹介します。

朝焼けの伊豆沼を飛ぶ雁

カテゴリー:研究会/家元招請研究会 「岩手不白会研究会」のリンク

2016年11月7日

お客としておいしい一服を

家元招請研究会 

野口宗都(佐賀不白会)

 午前中は「体操十種」です。ゆったりとした動作で呼吸法を取り入れ、心穏やかになる心の修行です。普段から運動をやっている私にとっては茶の湯への姿勢かなと思いながら取り組みました。
 午後は一献のあと濃茶の中置きでした。私は次客に座りお家元が立てられる一服に、お茶の薫りが空気を包み美しい緑色と口当たりのやわらかさ、とっても美味しい一服をいただき、うれしい時間を持つことができました。そして一服のお茶をいかにお客様に喜んでいただけるかがとても大事なことで、奥深いものです。日々のお稽古でも心を込めてお茶を点てる姿を身に付けていきたいと思いました。

カテゴリー:研究会/家元招請研究会 「お客としておいしい一服を」のリンク

2016年11月6日

炉開きの半東を受け持って

家元招請研究会 

田中宗央(福岡不白会)

 今回のテーマは「炉開き」で私共社中が当番を担当、炉開きの準備をしました。家元が亭主でのお炭点前。ふくべの炭斗、たっぷりのしめし灰、菊の葉をお塩で清めて火打ち石の火花をパチパチっと出された折は凛とした気持ちになりました。
 その後、博之様に代わられ、一献。お酒と八寸で亭主とお客様の会話がはずんだ後の静寂の中でのお濃茶。お濃茶の美味しさと、ご持参のお道具に、お客様は堪能されていました。私は半東を担当致し、お客様に喜んでいただけるよう、また亭主が動きやすいように機転を利かせることがいかに大切かを再認識致しました。
 家元に、田中孝先生の漢の時代の「緑釉囷」の花入に花をお入れいただきました。花の選別、不要な花や枝、葉などの剪定。床全体、お軸や花入とのバランス等を考えることが大事だと思いました。床や席のしつらえの勉強とともに、準備の大切さを心にして精進していただきたいと思います。

カテゴリー:研究会/家元招請研究会 「炉開きの半東を受け持って」のリンク