江戸千家 >  不白会だより > 2016年 > 9月

2016年9月25日

米寿のお茶会によせて

遠藤宗光(福島不白会)

 九月最後の日曜日、岩谷宗清先生、社中の金田恵雪様、須藤宗寛様のご三名の米寿のお祝いのお茶会が岩谷先生の自宅でありました。
 私達が率先して行うべきところ、「米寿を祝えるのも皆様あってこそ。八十八歳の年でお茶を点てられることは喜びであり、皆様に是非私達のお点前でお茶を差し上げたい」とお、岩谷先生が私達をお招きくださるという寿ぎの茶会となりました。
 お席に入ると、床には家元のお筆である『穂波』が掛けられ、台目にしつらえてある点前畳には、「もう私達は十分にやつれているから」と、やつれ風炉のお釜の中置き。茶入は虎渓三笑の蒔絵があり、茶杓は『寿輪』と、米寿の茶会にふさわしい取り合わせでした。
 お濃茶は岩谷先生のお点前で、大樋のお茶碗にたっぷりと練り上げられ、皆豊かな気持ちでいただきました。薄茶は金田様がお点前され、一同おいしくいただき、話も弾みました。お茶の奥の深さを感じた一日でございました。皆様の更なるご長寿と長くご指導たまわりたいと祈念した茶会でありました。

カテゴリー:行事・茶会 「米寿のお茶会によせて」のリンク

2016年9月11日

「体操十種」と濃茶点前

家元招請研究会 

船山宗恵(山形不白会)

 赤湯温泉の旅館「御殿守」において家元招請研究会を行うことができました。前日、お家元と随行の郡司様を交えての食事会で昔話に花が咲き、山形で第二回全国大会を開催した時の話になり、みんな若かったお話で盛り上がりました。十一日の当日は、家元教場研究会に参加すると、立居、歩くから入り、気功や簡単な体操を行い、身体を動かしてからお勉強に入っていって、私は身体がほぐれてとてもいい事だと思っておりました。でも最近は体操が主になって来、少し違和感もありましたが、深呼吸や体幹を鍛えることにで身体作りがなされるというお話に納得したところです。
 健康な身体作りが最も必要だと思います。「体操十種」の自分に合った所を毎日少しずつでも続けて行きたいと思っております。
 午後からは、家元自ら皆様に見えるようにお部屋を設えて下さり、お花も活けてくださいました。また、ご持参のお茶碗とお茶器でお濃茶を点ててくださいました。お客様の三人はお茶のおいしさに感激しておりました。他の参加者には郡司様一人で薄茶を点てて下さり、おいしくいただく事ができました。いつまでも楽しくお茶のお勉強をできればいいと思っております。

カテゴリー:研究会/家元招請研究会 「「体操十種」と濃茶点前」のリンク

2016年9月1日

家元句集 〝行雲流水〟を拝読して

森 宗恭(青森不白会)

 読み心地の良さ、心に残る句集でした。

  セーヌ河岸 夏満載の 船が往く

 一度も国外に出たことのない私でも、セーヌの流れを感じ、岸辺で川面を眺める私を感じることができました。
 心を揺さぶる句は、遠い昔へ誘ってくれるようです。

  くねくねと 酸ヶ湯を越えて 雪回廊

 「くねくね」の雪回廊の道、二メートルを越す雪の壁面
 十和田湖への北線が開く四月の一番バスが浅虫から出ます。春スキーの帰り、所々に水たまりのある、どこまでもくねくねと見通しの悪い道、ストックで雪の回廊に文字や絵を描いたり、かくれんぼをした遠い遠い昔をこの句に見つけました。

  湯ノ島は 亀の甲羅か 紅葉山

 浅虫は私の嫁ぎ先。裏の雨戸を開けると湯ノ島が見え、あの島を亀の甲羅と見るおもしろさ、春のわらび、カタクリの花、秋の紅葉は湯ノ島の定番の行事。
 亀の甲羅に季節の満艦飾を乗せてたゆとうている湯ノ島は、一服の絵のようでありました。
 *「行雲流水」とは、今年の春の茶会の月光殿に展示された、家元による七十点のスナップ句を集めた小冊子です。

カテゴリー:その他 「家元句集 〝行雲流水〟を拝読して」のリンク